ストレスフリーなソロ充ライフ

ストレスフリーを掲げるアラサー会社員のブログです。キーワードはソロ充、ライフハック、効率化、多趣味。

誰も教えてくれない DANCERUSH STARDOM(ダンスラ) 用語集 (2018/12/08 更新)

ダンスラ界隈には色んな用語が登場します。音ゲー用語、ダンス用語や音楽用語から Twitter 界隈で使われてるネットスラングまで様々です。しかしダンスラはまだプレイヤー人口が少なく、用語の解説記事は見当たりません。というわけで、つくってみました。

はじめに

この用語集の方針についてまとめておきます。

  • ネットで調べてもヒットしない、あるいはしづらい用語を中心にまとめる
  • あくまでダンスラの用語集であって、シャッフルダンス音ゲーネットスラング全般の用語集ではない
  • 解説はあくまでも筆者の認識である
  • プレイヤー自身は取り上げない(ただし用語にプレイヤー名が含まれている場合や用語説明時に必要な場合は除く)
  • ページが重たくなるので動画は埋め込まず、リンクを記述するだけに留める

誤字脱字や間違い、「この用語の意味を教えて欲しい」などの要望、その他ご意見などございましたら、お気軽にコメントください!可能な限り対応させていただきます!

対象読者

  • ダンスラ初心者の方
  • ダンスラをこれから始めようと思っている方
  • ダンスラは遊ばないが、ダンスラ界隈に興味がある方

用語を把握することで情報収集やコミュニケーションもはかどるでしょう。また、ダンスラ界隈がどのような世界なのかを垣間見ることもできると思いますので、読み物としてもおすすめします。

==== 数字 ====

3倍アイスクリーム

曲「Second Heaven -Samba,Samba,SomeBody MIX-」のこと。

元ネタは空耳のようである。

参考: 三倍アイスクリームとは (サンバイアイスクリームとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

N 落ち

1落ち、3落ちなどという。

一般的な音ゲー用語だが、ダンスラにおいては「エクセまであと何ノーツ足りないか」を示す。たとえば 1 個だけ GOOD 判定を取った場合、「1 落ちした」という。

N 分

N分音符のN分。曲のテンポを表す言葉。4分が手拍子のテンポで、8分がその倍、16分がさらに倍。

ダンスラでは4分間隔でノーツが降ってくるのが基本で、高難度になると8分間隔も増えてくる。ちなみに従来の音ゲーでは16分間隔も当たり前に存在するが、ダンスラでは物理的に踊れないこともあり、ほとんど登場しない。

==== A-Z ====

BPM

Beats Per Minute。

曲のテンポを表す指標で、1分間に何回手拍子するか。たとえば BPM=120 だと 1 分間に 120 回、つまり 1 秒間に 2 回叩くペース。

DRS

→ DANCERUSH STARDOM

EDM

Electronic Dance Music。

音楽のジャンルの一つで、電子的な楽器や音源でつくられたダンス用ミュージック。BPM は 128 が標準的。

JSDA

日本シャッフルダンス協会。 日本ストリートダンス協会 とは別物なので注意。2018/11/05 現在、まだウェブサイトは整備されていない。

以下は JSDA の Hboy さんのツイート。

KAC

KAC とは KONAMI Arcade Championship の略で、KONAMI 主催のゲーム大会。

2018 年は第 8 回目の開催だが、ダンスラについては初の開催である。

DANCERUSH STARDOM | The 8th KONAMI Arcade Championship(KAC)

RM

→ランニングマン。

ランニングマン(Running Man) の略語である。

T ステップ

シャッフルダンスの基本技にして、ダンスラにおいてもランニングマンと並ぶ基本技である。

動作としては、軸足を「かかとをつけたままつま先を半回転させる」→「つま先をつけたままかかとを半回転させる」動きを繰り返すことで横方向に進みつつ、空いた足を上げ下ろしする。下ろした時の足と、軸足の足の向きとで T の字がつくられることから、この名前がある。

参考: 246秒あたり シャッフルダンスチュートリアル【JSDA公式】 - YouTube

==== あ ====

アップ

アップのリズム取り、アップのランニングマン、といった文脈で使われる言葉であり、意味としては上体を起こすこと。

通常のランニングマンでは、足を下ろした時に身体が下がるが、アップのランニングマンでは逆に身体が上がる。アップのランニングマンでは、一歩目に足を引く時に上体を屈め、続く二歩目の引き(つまり足を下ろす)時に屈めていた上体を伸ばす。この伸ばす動作により、結果的に「足を下ろした時に身体が上がる」という動作が実現される。これをアップと呼ぶ。

アマレット

曲「Midnight Amaretto」のこと。

特にふつう譜面は非常にトリッキーであり、多彩なダンスが行えることから玄人プレイヤーに人気がある。

池ラ

池袋ラウンドワンのこと。

宇宙猫

曲「Spacecats」のこと。

うどん

曲「Jalebi」のこと。

曲のイラストがうどんに見えることから。

えいにゃ

曲「†渚の小悪魔ラヴリィ~レイディオ† (STARDOM Remix)」のこと。あるいは曲中で流れる「えいにゃ!えいにゃ!」という声のこと。あるいはこれ用の振り付け(猫のように両手を構える)のこと。

エクセ

→ EXCELLENT

全ノーツを PERFECT 判定で取る、つまり 100% のスコアを取ること。

エクセ勢

スコア勢の中でも、複数の曲でエクセを取っているようなハイレベルなプレイヤーのこと。

エンジョイ勢

ダンスラの楽しみ方の一つ。意味としては、以下の二つがある。

  • (1) ネタプレイや仮装プレイなど、とにかく楽しむことを重視するプレイスタイル
  • (2) エクセを狙うスコア勢、あるいはシャッフルダンスに真面目に取り組むダンス勢ほど、本気で取り組んではいないというスタンス

==== か ====

回転ランニングマン

回転しながらランニングマンする動作のこと。シャッフルダンスの技ではなく、ダンスラプレイヤーが編み出した技である。

しかし分解するとシャッフルダンスの技の組み合わせになっている。以下ツイート参照。

また、回転ランニングマンには二種類あり、上記の「片方の足でランニングマン」→「他方の足でリバースランニングマン」を行うパターンの他に、「片方の足でランニングマン」→「その足で続けてランニングマン」を行うパターンもある。ただし、ランニングマン譜面を取れるのは前者の動きであり、後者では取れない。

ガオー

曲「THE SAFARI (STARDOM Remix)」のこと。あるいは曲中で流される猛獣(ライオン?)の鳴き声のこと。あるいは鳴き声に合わせて「ガオー」と吠えるようなポーズのこと。

課題曲

2018 年 12 月現在では、KAC の課題曲である「Catch Our Fire! (STARDOM Remix) 」と「Love 2 Shuffle」を指す。

カッティングシェイプス

2012年にロンドンで生まれたダンス。足をクロスさせたり、かかとをつけてつま先をあげたり、といった動きが特徴。

参考: カッティングシェイプス(ハウスシャッフル)ダンスチュートリアル - YouTube

金山

名古屋のゲーセン「クラブセガ金山」のこと。

過反応

→誤反応

ダンスラの誤反応は不足(踏んでも反応しない)よりも過剰(踏んでいないのに勝手に反応する)が主であるため、この呼び方が使われることがある。

ギゴ

東京のゲーセン「セガ池袋 GiGO」のこと。

公式ダンサーを交えたイベントが開かれ、また筐体が四台並んでいたり、立地上多くのプレイヤーが集まることもあり、国内で最もダンスラが盛り上がっている。

ギミア

曲「Gimme a Big Beat」のこと。

速めのテンポと、ふつう譜面終盤のランニングマンの多さが特徴的である。

クランク

→直角

クラブステップ

ダンス技の一つで、言葉で言うなら T ステップの軸足の動きを両足同時に行うことで左右方向に移動するような動き。

参考: 35秒あたり お洒落なneoswingで踊る「Midnight Amaretto / かめりあ」ふつう譜面 #DANCERUSH_STARDOM - YouTube

クレ

クレジット。1プレイ遊ぶのに必要な料金のこと。音ゲー用語。

クレシャ

曲「Crazy Shuffle」のこと。

ロスター

ターンの一種で、両足をクロスさせたまま一回転する技。

ダンスラでは「R L と二本並んだスライドが途中で交差するような譜面」で使うことができる。このような譜面はたとえば「シュガーソングとビターステップ」ふつうに登場する。

参考: ターンが上達!ダンスの基礎 クロスターンのコツ | 能力テスト 補習レッスン - YouTube

講習会

ダンスラ(で用いるシャッフルダンスなどの)基礎知識やテクニックを磨くための講習会で、特にダンスラ公式が開催しているもの。

p.eagate.573.jp

交流会

ダンスラプレイヤー間の交流を深めるために開催される交流会。未経験者から上級者まで参加者は多岐に渡る。

有志が開催するものと、店鋪が開催するものがある。

誤反応

ダンスラのセンサーが誤った反応を出し、踏んでいない箇所を踏んでいるとみなされたり、踏んでいないのに常に踏んでいるような検出をされたりすること。ダンスラにおいてはしばしば遭遇する現象で、掃除によりある程度は解消または軽減できる。

誤反応の原因であるセンサーについて以下も参照。

stressfree-fulfilling-solo.hatenablog.com

==== さ ====

酢酸

曲「Sakura Sunrise」のこと。

ダンエボの振り付けで踊るプレイヤーが多い。

参考: 【ダンエボ】sakura sunrise【外部出力録画】(60fps) - YouTube

晒し台

ゲーセン入り口などギャラリーが集まりやすい場所に置かれたダンスラ筐体のこと。

都内では、かつてお台場のダイバーシティ東京プラザが晒し台であり(現在は店内奥に移動され晒されていない)、ショッピングセンターの大きな通路のそばに設置されており、10人を超えるギャラリーができることも珍しくなかった。

体軸のこと。

軸足

地面についている方の足。

地団駄

足で交互に踏むこと。あるいはそのような譜面。

smooooch・∀・ ふつうや SigSig ふつうにて登場する。

シェイプス

→ カッティングシェイプス

シャッフラー

シャッフルダンス実践者。

厳密な定義は無いが、暗黙的にはきちんとシャッフルダンスの基礎を身に付けていることが要求される。そしてこれはダンスラのみを実践しているだけでは身に付かない。そのため、ダンスラのみを実践するプレイヤーがシャッフラーを名乗ることは、しばしば非難の的になる。

シャッフル

シャッフルダンス

シャッフルストンプ

シャッフルダンスの技の一つで、ダンスラにおいてはレベル 9 以上の高難度譜面に登場する応用技である。

言葉での説明は難しいので割愛する。

参考: 14秒あたり 高機動ステップ「シャッフルストンプ」の練習法【C-walk "shuffle stomp" tutorial】 - YouTube

シャッフルダンス

複数の意味がある。

  • (1) メルボルンシャッフルやカッティングシェイプスなど関連するダンスをひとまとめにした 総称
  • (2) メルボルンシャッフル、カッティングシェイプスと同列に並ぶ ダンスジャンルの一つ

主に (1) の総称的意味で用いられることが多い。本用語集でも (1) として用いることとする。

スコア勢

ダンスラの楽しみ方の一つで、エクセなど高スコアを目指すプレイスタイルのこと。

スコア勢のプレイは、シャッフルダンスからは離れた、必要最小限の省エネな動きになることが多い。しかし一方で、ダンス勢でありながらエクセを取る猛者もいたりする。

ステップ

(主にシャッフルダンスにおける)技のこと。基本技を「基本ステップ」と呼んだりする。

スペワン

曲「Special One」のこと。

スポンジボブ

シャッフルダンスの技の一つで、ダンスラにおいてはレベル 7 あたりから顔を出す応用技である。

スモステ

曲「Small Steps」のこと。

BPM が 106 と遅めであるため、練習に最適である。またレッスンモードの BGM にもこの曲が使われている。

スライド

ダンスラのスライド譜面のこと。あるいはシャッフルダンスの動作の一つで、軸足を固定したまま足を滑らせ重心移動させることであたかも滑っているように見せる動作のこと。

以下がスライド譜面。

slide

出典: DANCERUSH STARDOM

またスライド動作について、たとえば以下動画を参照。

千日前

大阪のゲーセン「ラウンドワンスタジアム 千日前店」のこと。

千ラ

→千日前

掃除

ダンスラのフットパネルを掃除すること。

誤反応を軽減させるためにフットパネルを拭いたり、ゴミを取り除いたりする。

外練

屋外でシャッフルダンスの練習をすること。

==== た ====

ターン

回ること。

回り方として色んなやり方が存在するが、主に片足のみを接地させたまま回る(他方の足で地面を蹴って推進力にする)ものと、両足を接地させたまま回る(上体をひねって推進力にする)ものがある。

ダンス勢

ダンスラの楽しみ方の一つで、シャッフルダンスあるいは他のダンスを学び、積極的に取り入れるプレイスタイルのこと。

ダンス勢は踊ることが第一であり、スコアは二の次である。スコアは90点に満たないこともある。ただし、中にはダンス勢でありながら高いスコアを取る猛者もいたりする。

ダンスラ

→ DANCERUSH STARDOM

ダンスラッシュ

→ DANCERUSH STARDOM

ダンスラ●●部

ダンスラ界隈の Twitter 文化の一つで、ダンスラプレイヤーでありながら ●● が好き、●● という特徴を持っている、といったことを主張したもの。仲間意識を強めたり仲間を募ったりするために行われる。主にハッシュタグにて行う。

単発ノーツ

4分間隔で等間隔にタップが降ってくるような譜面のこと。

単発ノーツはランニングマンでも T ステップでも、その他色んな技でも取ることができる、非常に取りやすい譜面であるため、ダンスをアレンジしやすいのが特徴。

チャールストン

シャッフルダンスではなくカッティングシェイプスという別ダンスの技。

動きとしては、足首をひねりながら交互に両足をクロスさせて歩くような動作になる。

参考: 58秒あたり お洒落なneoswingで踊る「Midnight Amaretto / かめりあ」ふつう譜面 #DANCERUSH_STARDOM - YouTube

チャールストンを嗜むダンスラプレイヤーは多数存在する。ダンスラにおいては、しばしば登場する単発ノーツ譜面を取ることができるため、意外と親和性が高い。

直角

https://p.eagate.573.jp/game/dan/1st/img/howto/step_slide.png

出展: DANCERUSH STARDOM

上記画像の下部分のように、一気に左右方向にスライドさせる譜面のこと。

ちょうちょ(蝶)

曲「Butterfly」のこと。

特にふつう譜面は初期の最難関譜面であり、また YouTube でも多数動画アップロードされたため、ダンスラにおいては最も有名な楽曲である。

==== な ====

にらたまチャレンジ

ダンスラ界隈の Twitter 文化の一つで、ダンスラを利用した自撮りである。プレミアムモード開始時の同意画面がカメラを起動していることを利用し、スマホなどで画面を撮影することで「ダンスラの画面中に写っている自分」を撮ることができる。名前は考案者に由来する。

参考: #にらたまチャレンジ - Twitter検索

ノーツ

音ゲーにおいて、上から降ってくるオブジェクトのこと。音ゲーでは一般的に「ノート」「ノーツ」という言葉を使うことが多いからか、ダンスラでもこの言葉を使うプレイヤーが多い。ダンスラ公式では「マーク」と呼ぶ。

==== は ====

ハードスタイル

ハートダンスというダンス・ミュージックの一ジャンルを指す言葉で、大雑把に言えば以下の特徴を持つ曲のこと。

他にも(特に音について)特徴が複数あるが、詳細は本筋から逸れるので割愛する。

参考: Hardstyleとは (ハードスタイルとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

ハイスピ

ハイスピードオプションのこと。

ダンスラではスコア勢が高めで、ダンス勢が低めに設定される傾向にある。これは、ハイスピが高いほど譜面が見やすくなるため正確に処理しやすい(スコア狙うのには適している)ことや、ハイスピが低いほど先の譜面を見る時間が増えるため動き方を考えやすい(踊るのに適している)ことなどが理由である。

背面プレイ

ダンスラで画面を見ずにプレイすること。

必要なものは「譜面の暗記」と「ミラーオプション」である。背面を向くと、譜面の位置関係が左右反転してしまうが、ミラーオプションにて最初から反転させておけば相殺できる。

曲「FLOWER (STARDOM Remix)」のこと。

2018/04/27 に配信されて以来、2018/11/05 現在でも最高難度曲として君臨し続ける。

プレミアム

プレミアムモードのこと。(筐体の設定にもよるが基本的には通常プレイの倍料金である)200円を支払うことで、動画撮影モードで遊ぶことができる。

帽子

ダンスラ公式によって 2018年8月10日(金) から 2018年11月4日(日) の間に開催されたオリジナルキャッププレゼントキャンペーンのキャップ(帽子)のこと。

p.eagate.573.jp

キャンペーン内容としては、ダンスラをプレイすると溜まっていくシールを消費して抽選(くじ)を行い、運が良ければ帽子をゲットできる、というものである。ダンスラプレイヤーにとって垂涎の品となり、Twitter 上で盛り上がったり、果てはオークションで万以上の値がついたりした。

参考: ダンスラ 帽子 since:2018-08-10 until:2018-09-30 - Twitter検索

亡霊

フットパネルが誤反応していること。誰もいないのに反応している様が、幽霊や亡霊に見えることから。

実際の様子は以下ツイート参照。

ポプテピ

曲「POP TEAM EPIC」のこと。

==== ま ====

マーク

プレイ中、画面に表示される(奥から手前へと降ってくる)オブジェクトのこと。このマークをリズムに合わせて取ることでゲームが成立する。

「マーク」とは 公式サイト で使われている用語だが、プレイヤー間ではほとんど用いられない。

マークには以下の種類がある。

  • TAP(タップ)
  • SLIDE(スライド)
  • JUMP(ジャンプ)
  • DOWN(ダウン)

メガシャキ

曲「MEGA SHAKE IT !」のこと。

判定が難しいことで知られ、エクセ勢を苦しめている。

メルボルンシャッフル

オーストラリアのメルボルン地方で生まれたダンス。主にランニングマンと T ステップを用いて、地面を滑るように踊るのが特徴。

ちなみにシャッフル(Shuffle)には「足を引きずる」「すり足で歩く」といった意味がある。

●●マン

ネットスラングの一種で、「私は●●する人です」「私は●●な人です」の意。

==== や ====

横ラ

神奈川のゲーセン「ラウンドワン 横浜駅西口店」のこと。

==== ら ====

ラウンドワンのこと。

地名と組み合わせて略されることが多い。

ランニングマン

シャッフルダンスの基本技でありながら、ダンスラにおいても T ステップに並ぶ基本技である。

動きとしては、片足を二回引き、他方の足を二回引き……というふうに二回ずつ引く。その場で走っているように見える。

参考: 77秒あたり シャッフルダンスチュートリアル【JSDA公式】 - YouTube

リバースランニングマン

ランニングマンの、足を前から後ろではなく、後ろから前に滑らせるバージョンである。

参考: 99秒あたり Shuffling Tutorial - Reverse Running Man - YouTube

履歴書

Twitter の #ダンスラ履歴書 タグのこと。

言うなればダンスラプレイヤーとしての自己紹介シートであり、性別、プレイスタイル、プレイスタイル、プレイ時間、プレイ地域、好きな曲などを記入して共有する。

ちなみにテンプレートは以下。

練習会

ダンスラプレイヤーやシャッフラーによって主催される練習会。

主に TwitterTwiPla 上で開催告知される。

レッスン

ダンスラのレッスンモードのこと。

ローテ

ローテーションプレイの意で、複数人が入れ代わり立ち代わりプレイをすること。プレミアムモードで動画を撮ることが多い。

交流会のメインコンテンツとしてしばしば実施される。通常営業時に遊ぶ場合は、周囲や店鋪に迷惑をかけないよう注意が必要である。過去には Twitter 上にアップロードされたローテ動画が迷惑行為として問題視された例もある。

==== わ ====

和解

和解とは(特に自分が苦手とする技や仕組みについて、まがいなりにも自分が納得できる程度に)理解・習得すること。主に否定とセットで使うことが多い。

例:「スポンジボブと和解できない」

更新履歴

  • 2018/12/08 v0.5.0
    • Add KAC、課題曲
    • Add 履歴書
  • 2018/11/23 v0.4.1
    • Add 和解
    • Add ●●マン
  • 2018/11/13 v0.3.1
    • Modify ハードスタイルの意味を加筆修正(音にいくつか特徴がある旨を追加)
  • 2018/11/13 v0.3.0
    • Add シェイプス
    • Add カッティングシェイプス
  • 2018/11/13 v0.2.1
  • 2018/11/13 v0.2.0
    • Add 亡霊
    • Modify 読み物としておすすめ → 読み物としてもおすすめ
  • 2018/11/09 v0.1.0
    • 初版