ストレスフリーなソロ充ライフ

ストレスフリーを掲げるアラサー会社員のブログです。キーワードはソロ充、ライフハック、効率化、多趣味。

【大人のキックスケーター入門】通勤・移動・運動にも!おすすめキックスケーター4選

大人のキックスケーター入門 第三弾として、おすすめのキックスケーターを紹介します。

購入する前に決めておくこと

キックスケーター事情を抑える

下記記事にて詳しく取り上げましたが、

stressfree-fulfilling-solo.hatenablog.com

特に国内のキックスケーター界隈にはデリケートな事情があります。もう一度よく確認して、それでも「遊びたい!」のであれば、先に進みましょう。

子供向けか、大人向けか

キックスケーターは大きく分けて 子供向けと大人向け の二つがあります。どちらを使いたいかを決めましょう。

子供向けの特徴:

  • o 安価。1万円以内で入手可。
  • o 入手しやすい。店鋪でも購入できる。
  • o 軽い。持ち運びが楽。
  • x 遅い。タイヤ直径が小さく、素材もチープなので一蹴りであまり進まない。
  • x 足場が小さい。大人には窮屈だし、ゆったり足を置けないので疲労も溜まりやすい。
  • x 構造がもろい。移動手段として公道を走れるほど頑丈ではない。

大人向けの特徴:

  • o 速い。タイヤ直径が大きく、素材も良いので一蹴りでもよく進む。
  • o 足場が大きい。ゆったり足を置ける。
  • o 頑丈。移動手段として公道を走る用途にも耐えられる。
  • x 重い。大きいものだと2Lペットボトル2~3本並の重さになる
  • x 入手しづらい。通販は避けられない。
  • x 高価。2~3万円は覚悟。

ただし、大人向けと子供向けの中間に位置するようなキックスケーターもあります。

選び方ですが、公園や広場で遊ぶだけなら子供向けでも構いません。逆に、移動手段として使いたいなら大人向け一択となるでしょう。というのも 子供向けのキックスケーターは、移動手段として活用できるほど頑丈ではない からです。移動手段として用いるのは危ないとも言えます。

本記事では、この大人向けキックスケーターを主に紹介していきます。子供向けは簡単に取り上げるだけに留めます。

おすすめのキックスケーターについて(予備知識)

具体的な製品名の紹介に入る前に、一般論や観点などを予備知識としてまとめておきます。

子供向けのおすすめについて

子供向けについては、種類がありすぎるので何とも言えません。幸いにも店頭で入手できますので、店頭に足を運んで、確認してみてください。

売店としては、たとえば以下があります。

基本的に(明らかにサイズが小さすぎでなければ)どのキックスケーターを選んでも良いです。性能に大差はありません。

大人向けのおすすめについて

何の観点をもっておすすめとするかは人それぞですが、僕は タイヤ直径200mm(8インチ) のものをオススメしたいです。

というのも、タイヤ直径が大きくないと移動速度(一蹴りで進める距離)に露骨な差が出ますし、タイヤが小さすぎると路面の凹凸に影響されやすく、特に公道は走りづらいからです。

大人向けキックスケーターでは「200mm(8インチ)」が一種の目安と言えます。

以降では4つほど紹介します。

おすすめのキックスケーター4選

本題です。大人向けのキックスケーターとして、僕がおすすめしたいものを取り上げます。

(1) JD 社の「JD Razor MS-185」

価格: 12,800円

f:id:stakiran:20181110100707j:plain

www.razor.co.jp

8インチの大人向けキックスケーターの中では安価です。

僕が一番最初に買ったキックスケーターでもあります。無難な性能、といった印象でしょうか。

(2) マイクロスクーター社の「マイクロホワイト」「マイクロブラック」

価格:25,800円

microscooters.co.jp

microscooters.co.jp

値は張りますが、デザインが洗練されている印象です。

僕は乗ったことはありませんが、8インチとしてはよく名が上がる印象がありますね。

(3) Oxelo 社の「TOWN 7 EF」

価格: 16,900円

www.decathlon.co.jp

ネットで調べると、おそらく最も目にするのがこのシリーズではないでしょうか。折りたたみが楽なのが特徴です。

僕は乗ったことないので、詳しいことはわかりませんが、紹介動画もあります。

www.youtube.com

(4) Xootr LLC. の「Xootr MG」

価格: $249.00(+FedEx によるアメリカ→日本輸送費が $120~$170)

f:id:stakiran:20181104123814j:plain

www.xootr.com

玄人向けの高級キックボードです。タイヤ直径は180mmと少し小さいですが、移動性能は他のキックスケーターに劣りません。どころか他のキックボードよりも頭ひとつ飛び抜けています。

マニュアルやサポートも豊富ですし、パソコンでいうと Apple 社の Mac のような印象でしょうか。僕は現在これを愛用しています。他のキックスケーターに乗り換える気にはまだまだなりません。

しかし 利用までのハードルが高い のがデメリットでしょうか。購入からして大変です。英語がある程度読めないと務まらないし、米国からの輸入になるので輸送費も桁違いです。上記サイトで見積もりシミュレーションも行えるので、自分の郵便番号を入れて試算してみると良いでしょう。少なくとも計350ドルは覚悟してください。

結局どれを買えばいいの?

一言でまとめると、以下のようになります。

  • 無難なブツを安く手に入れたい → (1) JD Razor MS-185
  • デザインにこだわりたい。おしゃれに乗りこなしたい。 → (2) マイクロホワイト、マイクロブラック
  • 折りたたみを楽に行いたい。 → (3) TOWN 7 EF
  • 英語も値段も上等だからとにかく高品質高性能のブツが欲しい。 → (4) Xootr MG

おわりに

おすすめのキックスケーターを四点ほど紹介しました。

実は僕はほぼ Xootr ばかり乗っているので、すべてについて、あまり詳しいことが言えないのが心残りですが、参考やヒントになりましたら幸いです。