ストレスフリーなソロ充ライフ

ストレスフリーを掲げるアラサー会社員のブログです。キーワードはソロ充、ライフハック、効率化、多趣味。

【大人のキックスケーター入門】キックボード、キックスケーター、キックスクーターの違い

f:id:stakiran:20181104131644j:plain

大人のキックスケーター入門と題して、キックスケーター記事を整備していきます。今回は紛らわしい用語である「キックボード」「キックスケーター」「キックスクーター」の違いについて取り上げます。併せてニュアンスの違いと、英語圏での違いも取り上げます。

最低限押さえておきたい、用語の違い

まずは最低限押さえておきたい用語の違いについて書きます。

一言で言うと、以下のとおりです。

  • キックボードとキックスクーターは商標(商品名)
  • 国内における一般名称は キックスケーター

一般名称は「キックスケーター」だということです。

キックボード

キックボードは K2 社の商標です。

キックスクーター

キックスクーターは JD 社の商標です。

キックスケーター

キックスケーターは、一般名詞として国内で使われていた「キックボード」と、英語の一般名称である Kick scooter の日本語読みである「キックスクーター」、これら二つの用語がどちらとも商標であるということから、考案された言葉です。

国内固有の名称ですので、英語で Kick skater などとは言いません。

(余談) 商標情報のソース(原典)ついて

キックボードやキックスケーターが本当に商標なのか、僕は気になって調べてみましたが、見つかりませんでした。たとえば 特許情報プラットフォーム|J-PlatPat で探しても出てきません。

二次ソースとしては以下サイトがあります。

が、INTERNET Watch はともかく、日本キックスケーター協会れっきとした NPO 法人 ですから、きちんと調べたのだろうとは思っています。僕は信用することにしています。

ですが、やはり一次ソース(原典)が知りたいところです。どなたかご存知の方、いらっしゃいましたら、ぜひ教えていただきたい……。

ちなみに、なぜ知りたいかというと、僕としては「キックボード」という用語を使いたいからです。国内で最も普及している用語ですから。もし「実はキックボードという商標は無いよ」という事実があったとしたら、遠慮なく使うことができます。

ニュアンスの違い

続いて、実際に国内で用いられている、用語のニュアンスの違いを取り上げます。

一言で言うと、以下のとおりです。

  • 現実には 「キックボード」が一般名称としても広く利用されている
  • 子供用キックスケーターを「キックボード」、大人用を「キックスケーター」と称することもある

キックボード

名称として広く使われているのはダントツで「キックボード」です。

Google で検索した時の違いは、以下のとおり(2018/11/04 時点)。

  • キックボード: 4,750,000件
  • キックスケーター: 1,980,000件
  • キックスクーター: 2,070,000件

ただし Google は賢く、似た用語をまとめて検索してくれるので、あまり参考になりません。

Amazon で検索してみると、以下のとおり(2018/11/04 時点)。

  • キックボード: 5,000件以上
  • キックスケーター: 436 件
  • キックスクーター: 2,000件

Amazon も同様に賢く、似た用語を検索しますが、それでもキックスケーターが断然マイナーであることがわかります。

子供用と大人用で区別する例

子供用を「キックボード」、大人用を「キックスケーター」として区別する事例がちらほらあります。

たとえば以下の記事は、更新日が 2018/06/06 と割と最近ですし、取材先として日本キックスケーター協会代表の丸山清吾さんが登場しています。

www.y-yokohama.com

他にも通販サイトなどで、この区別が用いられることがあります(ソースは失念)。覚えておくと混乱せずに済むでしょう。

英語圏での違い

最後に、英語圏の用語についてもまとめておきます。

さらりとまとめます。

  • 一般名称は Kick Scooter
  • Kickboard は水泳のビート板を指し、キックボードを意味しない

おわりに

今回はキックスケーター界隈に横たわる、紛らわしい用語の違いについてまとめてみました。覚えておくと混乱せずに済みますので、ぜひ押さえておきましょう。